アシンメトリープリーツスカート,DURAS,デュラス

アシンメトリープリーツスカート,DURAS,デュラス

デザインがポイントのスカートは、着丈の長さをアシンメトリー

にすることで足の見え方が変化し、コーデのアクセントに

ピッタリな仕上がり。

プリーツにする事でスニーカーやフラットシューズに合わせても

女性らしくコーディネートして頂けます。

オーバーサイズのニットや今季トレンドのスウェットアイテムと

合わせるのがオススメです。

(上記コメント・画像は、

アシンメトリープリーツスカート,DURAS,デュラス

からの1部引用です。)

以上は、2017年8月24日更新。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月23日(土曜)

ティップネスF店にて

ベリーダンス(45分)

前の右端にいた女性のファッションは、オンリーワンで素的だった。

薄い黄色をくすませたようなトップスとパンツ。横の繊維がくっきり

し隙間が見える感じが、爽やかで涼しげ。ヒップスカーフは、濃い

黄色をくすませた感じの厚手の生地で、黄色と馴染む感じの色を使っ

た模様が描かれている。最近女性のいろんなファッションを興味深く

観察しているが、初めて見る内容で、着る本人にとっても冒険的な

試みだったのではないだろうか。ファッション素人おじさんの評価

ではあるが、その試みは成功だと思うので拍手。

金曜のT店でIRが教えていた右、左、右、左と歩いて左腰・左足かかと

アップ、左、右、左と歩いて左腰・左足かかとダウンの箇所・・・・A。

この土曜F店の担当IRは、右、左、右、左と歩いて左腰・左足かかと

アップ、ダウン、アップ、ダウン・・・・・・・・・B と教えていた。

私が参加した範囲では、Aと教えるIRが2人、Bと教えるIRが二人。

AでもBでも、その後の動きとはリズム的に辻褄が合うが、ベリーダンス

に感じる知性から推せば、Aのほうがコリオの作者の意図に沿った動きの

ような気がする。Aはその後の右腰・右足かかとアップ、ダウン、アップ、

ダウンと動きが重ならず、繊細な魅力を持つように感じる。

どちらを教えても正しいのだろうが、どちらを教えるかがIRの繊細さを

反映しているように思えて興味深い。状況・場所によってはトップスを

アシンメトリーに着こなす女性をA、普通にシンメトリーに着る女性をB

とすれば、私はAのほうに興味を持ってしまう。でも全ての女性がAであ

れば、興味をなくすかも知れない。コリオのA,Bの話に戻って、どちらが

好ましいと決めつけないほうが良いのかも知れない。

ノンストップバイラ(60分)

最新を含め複数のバージョンのコリオを踊る。色々なパターンをどんどん

動くので、ノンストップバイラはリズム感や体重移動のコツなどを体で覚

えるのに良いと思う。脂肪燃焼効果もあるし、いろんな体の使い方をする

ので、美シルエットを目指す女性にもおすすめ。もちろんかっこ良さを追

求する男性にもおすすめ。同時に他人への気配りをするマナーも磨いて欲

しい。自分だけ楽しけりゃという姿勢には、共感できない。他人に配慮し

つつ、自分も楽しむ。そんな姿が魅力的。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA